スポーツ

平和スポーツ実現

~スポーツは神様に栄光を帰す芸術~

 

「動くすべてのものは芸術だ。スポーツは神様の芸術だ」これもまた鄭明析牧師の教えです。牧師が1978年6月1日に上京して、本格的にこの時代、御子の福音を伝えるとき、狭い部屋で休まず昼も夜も御言葉を伝えました。結核や様々な患者のために祈ってあげ、彼らと共に食べて暮らしました。そうしているうちに、牧師も肺を急激に悪くしてしまいました。

46451御子は牧師に、「夜明けの祈りを終えた後、2時間ほど運動するように」とおっしゃいました。その御言葉を聞いて、近くの中学校の運動場で毎日走り、サッカーをするようになりました。次第に体は良くなり、体力がつきました。一日中、サッカーをしても息が切れなくなりました。6ヶ月後、医者は「完全に健康に回復した」と言いました。

御子は鄭明析牧師に「スポーツも芸術だ。サッカーを通して神様に栄光を帰そう』とおっしゃいました。実際に牧師自身、1日に6回のサッカーゲームをすることもあり、毎年100~120回のゲームで走って、神様に栄光を帰しました。

牧師は、サッカーのためのサッカーをしたのではありませんでした。サッカーから、神様の歴史を導く方法と人生を生きる方法などを主に学び、これを弟子たちに教えたのです。

95552牧師は何よりも「平和サッカー」を強調してきました。相手のチームに勝とうとするより「平和と健康」のために走り、「相手の選手とボールを恋人のように考えること」を教えました。このような精神でサッカーをするとき、主の愛を実践して、世の中に平和を成すことができると伝えました。

一方、2002年はワールドカップで日韓共同開催という歴史的な出来事が起こり、そこで日本は奇跡的にベスト16進出を果たしました。

鄭明析牧師は1999年から毎年「国際平和サッカー大会」を主宰し、2002年日韓ワールドカップでは、全国的にスポーツボランティア活動を推進しました。また「世界アジア平和スポーツ大会」も開催し、世界中の人たちがスポーツと文化で交流する平和の場を提供しました。

87943

アクセス  |  サイトマップ  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ