台湾の国家音楽庁にて公益音楽会を開催

 

2017年2月26日、CGMキリスト教福音宣教会とシムノ基金会の両交響楽団が、台湾の国家音楽庁にて公益音楽会を開催しました。シムノ合唱団(知的・発達障害などの障害を持った方々の青年合唱団)と、CGMキリスト教福音宣教会の『福音平和交響楽団』が協力し、「自分自身への挑戦」というテーマで披露した舞台は、聴衆の熱い反響を得ました。

主な演奏曲は、ヘンデルの『メシヤ』、『ピアノ協奏曲A単調』、『自然聖殿』、『風が吹いても揺れはしない』、『台湾歌謡』、『コジャ歌謡』、台湾の『原住民歌謡』など。韓国・日本・ニュージーランドからも海外音楽家が多数参加し、特別ゲストとしてドイツ・モーツァルト250周年記念行事において独奏し、ザルツブルクで巡回演奏を行ったピアニスト、チョン・ウンジョン氏と、韓国・日本・台湾・マレーシア連合声楽家協会の理事でソプラノ歌手でもある、チュ・チョンファ氏が出演。

創立者の鄭明析牧師は、「芸術とは、疲れた体と霊魂の疲労を解消し、これらをより一層高貴なものへと変化させてくれるものだ」と語っています。シムノ財団執行長は、「シムノ合唱団は、子どもたちが心身の境界線を飛び越え、もっと自分に自信が持てるようにしてくれます。今回のCGMキリスト教福音宣教会と協力し、国家音楽庁の舞台に立てたことで、多くのシムノの青年たちが夢を叶えた一日となりました。」と述べました。

 

 

CGMキリスト教福音宣教会ホームページ: http://cgm.org.tw

財団法人シムノ社会福祉基金会ホームページ: http://web.syinlu.org.tw

出典:CGMキリスト教福音宣教会

記事原文 : http://www.cna.com.tw/postwrite/Detail/209303.aspx

アクセス  |  サイトマップ  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ