鄭明析牧師 公式サイト

鄭明析牧師 公式サイト「ただひたすら神様」です。彼の人生を表すならば、「ただひたすら神様」の一言に尽きます。韓国が朝鮮戦争による極度の貧困と飢餓の状況にある中、彼は9歳のとき聖書に出会いました。貧困ゆえに小学校しか卒業できず、昼は両親の農作業を手伝い、夜は朝になるまで山や洞窟に籠って聖書拝読と祈り、という修道生活を続けました。

 

ひたすら神様を求め続けたその生活は、気がつけば21年が経過していました。修道生活で、真理を求めて読み続けた聖書は通読2,000回以上に至り、イエス様をひたすら愛して神様の愛を深く悟った彼は、神様が好むことをただ行なって生きようと決心するようになりました。町へ出かけては老若男女問わず福音をのべ伝え、病人や貧しい人に着物や食べ物を分けてあげ、神様の愛を実践していったのです。

 

ベトナム戦争には2度参戦しました。死と隣り合わせの戦場で、聖書を常に持ち歩き、人に向けて銃を撃つことはなく捕虜として生かし、たった1人の命も奪うことなくひたすら神様の愛を実践し続けました。ベトナム戦争帰国後は、戦争で得た報酬を全額故郷の教会に寄付し、教会再建のために尽力しました。

 

1978年、祈りの中で「故郷を離れ、ソウルで本格的に福音をのべ伝えなさい」という天からの啓示を受け、ソウルへ上京。たった一人で福音を伝え始めます。その福音を聞こうと、毎日何十人、何百人という人々が押し寄せ、日々10時間以上の説教を伝え続けました。その後、祈る中で、生まれ故郷月明洞の環境をそのまま教会にするという構想が、天から与えられるようになりました。大自然の環境を雄壮に活用し、世界初の自然教会である「自然聖殿」を建設することになったのです。

 

彼は福音を伝える傍ら、弟子たちと一緒に聖殿を開発し、現在に至るまで続けられています。自然聖殿の美しく神秘的で雄大な佇まいに多くの人々が魅了され、今では年間100万人が訪問する一大名所とまでなりました。彼がこれまで歩んできた路程―ただひたすら神様を思うその歩みに、多くの方々が触れてくださると幸いです。

 

鄭明析牧師 公式サイト「ただひたすら神様」

関連記事

アクセス  |  サイトマップ  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ